読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oidon00のブログ

週一くらいなら記事を書ける?   https://twitter.com/oidonohama

○丈 中華そば 高井田ラーメンとか

大阪ミナミ、○丈で中華そば肉増しと早ずしを食しました。

中華そばは高井田ラーメン風の醤油のコクが効いたもの。

肉増しは厚切りのチヤーシューで歯応えもずしり。

早ずしは和歌山ラーメンの店によく置いてあるもの。

 

元々の高井田ラーメン、というのは元祖が布施のラーメン。

駅前のアーケードを北にズイズイと歩いていって東西を横切る幹線道路にでる。

その信号を渡った辺りにあるラーメン屋で、高井田ラーメンが有名になる前の印象としては、あくまで印象の話だけど、スープに濃口醤油に"味の素"をドッサリ入れて、何の芸もない中華ソバのツルンとした太麺を合わせたという感じで、美味しいというより極めて個性的で、舌が微妙に痺れる様なインパクトの強いものだった。

会社の上司がたまに食べたくなる、と言っていて、自動車を走らせて行って、路駐して数回食べたことがあった。

 

天下一品のドロドロラーメンのように、人によってはたまに食べたくなる、というテイスト。

私も気に入っていたが、ローカルべたべたなラーメンで到底何々ラーメンとして流行りそうには思えないものだった。

しかしラーメントレンドの貪欲さは、こんなテイストもムーブメントの一端に採り入れてきたようで業界のコンテンツ採取の貪婪さには驚くばかり。

 

そういってもメジャートレンドには流石にに成れないようで、数年前にこの布施本家が宗右衛門町に支店を出したので私も一度行ってみたけど、しばらくして再訪してみたらもう無くなっていた。

 

近年のラーメンは洗練されすぎで、コンセプト頭でっかちに成りがちで、口中の繊細や新奇に走りがちなこともあり、ラーメン中華そばを食べたという満足感から遠ざかった麺杯も多い。

○丈の中華そばは、高井田ラーメンの野趣を残した上で洗練させた優れもの。

言わばラーメンルネッサンスで、醤油とかスープのコクで腹から満足させてくれる一杯でした。

 

〇丈(maruJOE)  食べログ

http://tabelog.com/osaka/A2702/A270202/27019285/

 

 

 ラーメン 激流
http://oidon00.hatenablog.com/entry/2014/09/05/185007
ミナミ徘徊
http://oidon00.hatenablog.com/entry/2014/08/19/120234

 御堂筋沿い 金竜ラーメン

http://oidon00.hatenablog.com/entry/2014/03/11/204507