読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oidon00のブログ

週一くらいなら記事を書ける?   https://twitter.com/oidonohama

アルペンのウォーキングシューズ

ジョギングシューズを買おうと思って24号線沿いのスポーツショップアルペンへ行った。

昔スキーをやっていた時、結構いろんなものを買っていたのでスポーツグッズは割と此処に来て買っている。

 

電動サイクリング自転車で小型のものが6万ぐらいであったり、見て回るもの面白い。

ジョグシューズはもう一つピンと来るものが無くて、他の物を見ていたら、ウォーキングシューズとかで、そういえばミズノが1万程でシックなものをテレビで宣伝していたなと思いつつ、それも確かめて他も眺めていたら、アルペンオリジナルのウォーキングシューズがほぼミズノの同じ形で、2970円で売っている。

ミズノ製は皮が使ってあるのと、アルペンではall合成物かの違いで、ためしにアルペンオリジナルを履いてみたら、とても軽くて、脚をフィットさせるのが年寄っぽいジッパーだけど、脚の内側にジッパーが付いて目立たないし、もう年寄だからジッパーのほうが有難いのだろうし、そんなでアルペンシューズを購入。

 

こういう、だらだら目移りしながら購買意欲が入替って行くのも実店舗買物の魅力。

 

履いて歩いてみると、やはり軽い、脚が進む。

夕方散歩に出て坂道を歩んでも、良い感じに軽いし、上り下りとも前に足が出やすい。

安物買いの銭失いではなくて、安いから軽い素材で充填させることが出来て、全体完成だけ注意深く仕上げてる、そんな感じか。

 

無論全部ケミカルだから5年もしないうちに素材の劣化が始まるだろうし、其れも含めての価格だろう。

リーガルのデザートブーツを持っているけど、これは経過年数だけなら30年はいく。

折に触れミンクオイルを塗りたくったり、途中10年以上仕舞い込んで使っていない時もあったけど。

そんな、半ば一生ものとは違うけど、安いのに意外にアクティブな履き心地があったので、嬉しくなって書いてみた。

もうしばらく、履いた具合がどうなるか、楽しみにしたい

 

 

f:id:oidon00:20131103131049j:plain