oidon00のブログ

週一くらいなら記事を書ける?   https://twitter.com/oidonohama

猛暑閑日

暑いから外出するなら早い内にと、8時すぎからカフェ。

f:id:oidon00:20180715125227j:plain


スタバのフードが高いとか言われるけど、コメダ珈琲でコーヒー+1品注文すれば1000円近くなる。
本格的な個人経営の茶店でも珈琲400円サンドイッチ500円とかだろうし、まあ場所としてどの位気に入ることが出来るかなので、ローカルらしいゆったりしたスペースで人も疎らなら言うことは無い。


そのためには朝一や閉店数時間前とかが欠かせない。
道も空いてるだろうし。

 

ネットと読書とkindleでスタバには1時間ほどいて、帰りに車に入るとメガネが曇る。

 

猛暑対策のために車のダッシュボードに濃紺濡れタオルを敷いている。


タオルの水分が気化して車内に漂っていたよう。

タオルに触れると、お湯をかけた生乾きのようになっている。
タオル、アツアツ。


小さなペットボトル、ミネラルウオーターをちょぼちょぼと、タオルの上から注ぐような降り掛けるようなで、水分と常温冷却の補充。

 

ちょっと手間だけど、それだけでダッシュボードの熱さが消える。
クーラーも普通に効きやすくなる。
運転していても顔が熱射でやけたりしない。

まあ、ちいさな生活の知恵です。

 

f:id:oidon00:20180716100411j:plain


最近の外食。


やよい軒で、ねばとろごはんと焼魚の定食。

f:id:oidon00:20180715125518j:plain


『 納豆、とろろ、めかぶ、おくら のネバネバ食材と、まぐろ、卵黄を一緒に混ぜ合わせ、ごはんにかけてお召し上がりください。』とのこと。


見た目に関わらず『御飯のオカズ』が多いし、焼き魚まであるので、白飯を食べようと思えばいくらでも食べられる。
そこを敢えて1杯でヘルシーに抑えるかどうか、いつも迷うところ。

 

これか、冷汁ととり南蛮の定食、が多いかな。


パソコン画面挙動不審

パソコン画面が昔のテレビみたいに、光が瞬いたり線が走ったりブレブレになって、それに中々ログイン出来ない、直ぐフリーズするなんかと、色んな挙動不審が次々あって困っていた。
クリックしたら、よくブブブと音が鳴ってフリーズしたりも。

 

シャットダウンしても、しばらくしたらシャットダウン直前画面に戻っていた、なんてのものもあった。

 

あれこれやっても直らないし、4年物のDELLだけど新しいパソコン買わんとあかんのかと思案していた。

 

·····高速スタートを解除したらログイン出来ない等が直る、とか情報があったので一度やって見た。

シャットダウンする時、Shift押しながらシャットダウンする。
さすれば、その時限りで高速スタート解除でダウンする。

 

結果これで治ってしまった。
ヒドイ症状のものだけ、だけど。


念の為二回やった。
ログインする迄がスローなのとか、時にフリーズ気味とかは残ってるけど、画面の光ブレブレは無くなった。
今のところ。

 

9割不調が1_2割不調になったみたいな?

 

高速スタートオン状態はパソコン画面の前情報を残しているから、完全なシャットダウンにならない。
普通の再起動やシャットダウンではリセットされ切れない data が残る。
そのデータの残り具合が、色んな経過とか弾みとかもあって、パソコン動作に不都合を起こした。
そこで高速解除で完全リセット出来た、と勝手に推測しています。

 

ブブブという音とフリーズ、これはマウスを交換したら八割方クリアしました。
少なくともブブブ音は、ごく少なくなりました。


やれやれです。

コミック3 ラノベ1

くそ暑いですねぇ。

今日も明日も34度とか、やめてほしい。

 

不滅のあなたへ(7) (大今良時) Kindle

ここに来て物語が横軸から縦軸への変わった。

これは新鮮。

というかこういう、ある種本格的な時間展開はあまりコミックではなかったのではないか。

それも自然に。 

 

 

舞妓さんちのまかないさん(5) (小山愛子) Kindle

お姉さんがサブキャラなれども、ちょっとゾロリとした存在感を出して面白い。

ただの日常食欲コミックに見えて、ポツポツと世界に深みを出しているコミック。 

 

 

ゴールデンカムイ 14  (野田サトル) Kindle

物語がググイと動いた。

北海道骨太歴史アイヌ風俗バイオレンスで圧倒してきたコミックだが、その暴風圏がさらに拡がったみたいな? 

 

 

新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙III (支倉 凍砂)

前作・狼と香辛料は二人のハッピーエンドを目途に据えたため、スケールが大きく成り切れなかったが、本作・狼と羊皮紙シリーズは話がグッと大きく拡がり得る?

そんな予感を感じました。

ジャンル区分に関わり無く、明らかに面白い。

設定を使いこなしてます。 

 

チートラノベ二題

チートといっても、そもそも普通のファンタジー指輪物語とかハリポタとかでも、魔法で空飛ぶとか透明化とか火をつけるとか有り有りな訳で、その時点でもう既にチートに振り切っているので、今のなろうとかラノベが本質的にチートとか、それ程声高に言い続けるまでもない、だろう。

 

異世界迷宮で奴隷ハーレムを、蘇我捨恥。

そのままで変な言い方になるが、作者が異世界に行って女奴隷を買いたいという気持ち、頑張って購入して『交歓』したい気持ちが真摯に伝わる誠実さが伝わって、その読後にカンシン。

奴隷を買うお金を得るため、冒険でもなく決闘でもなく戦闘でもなく人助けでもなく、寝込みを襲撃----寝ている男女数人を殺戮するという露骨な切実さ?

 

コミックも、作品の良い所を抽出して更に膨らませたかのようなイイ出来。

ただ、ノベルも巻が多い目になってくると、最初の世界観が完成されてしまい作者も満足してしまったのか、面白さの幅が収斂して遁減していくようなカンジ、はある。

 

 

老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます、FUNA。

『 え、武器は用意しても、人を殺せるのかって?

 殺せるよ、普通に。何か殺しちゃいけない理由でもあるの?

普通の人は殺さないよ、勿論。当たり前でしょ。

でも、自分を殺そうとして向かってくる奴を殺しちゃいけない理由はないでしょ。

何、相手の命を尊重して、黙って殺されろって? いやいやいやいや! 』

 

人は殺してもいいんだよ、という、そんな文章がサラリとあって蠱惑的。

 

同じ作者の、『私、能力は平均値でって言ったよね』でも、

『 メーヴィスの問いに、レーナはみんなを見回して尋ねた。

 「ねぇ、みんな、人を殺したことはある?」

「「「え…………」」」 』

 

とライトでもなろうでも、このモチーフは作者にあるようだ。

 

コミック版では、シーカンシ―西洋貴族作法を、あまり見かけない前方から描くという工夫もあり。

 

ライトノベルから自主投稿なろう小説ヘの流れは、小説の商業主義からの解放をもたらした。

開放されたからと言って、小説が必ず良くなる面白く為る訳では決して無いけれども、

内容について出版社や編集者の意向をスルーした、作者の書きたい面白さがダイレクトに伝わる術が格段に増えた事は事実だろう。

 

要はどういうストーリーか、どういう文章かであって、こういうストーリーが唯一良い、こういう文章が唯一正しいという訳でもないだろう。

私の青少年期と比べてみると、読み物はおそろしいまでに幅広く多様になったものだと、そうおもいます。

 

異世界迷宮でハーレムを 1 (ヒーロー文庫)

異世界迷宮でハーレムを 1 (ヒーロー文庫)

 

  

老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます(1) (シリウスコミックス)

老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます(1) (シリウスコミックス)

 

 

 小説家になろう、FUNAさんのマイページ。

https://mypage.syosetu.com/79012/

 

 

『平均値』は米国版も出したそうで。

https://mypage.syosetu.com/mypageblog/view/userid/79012/blogkey/2056334/

 

https://www.amazon.com/dp/162692869X/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_wOHjBbZ4R7QN6

 

 

 

 

吸玉って御存知だろうか?

マッサージ指圧鍼灸系の、身体治療の一種。

 

口の壺んだ透明ガラスコップに揮発性アルコールをちょっと入れて火を点ける。

火が直ぐ消えそうになった処で、コップを逆さにして被治療者の裸の背にガラス口をかぶせる。

コップ中の熱くなった空気は直ぐに冷えて体積が縮小。

結果として背中の肉がコップ内に吸い上げられて固定される。

 

これを背中のツボや筋肉沿いに10か所近く施術。

肩が凝っていれば肩側にもやる。

これで10分ほど放置。

コップを取って施術後は、血の巡りが良くなって疲労回復。

 

ただ施術後のコップ跡が、赤黒い丸となって背中にクッキリ残る。

たまに相撲取の背中に赤い丸々が残っているでしょ。

あれです。

スーパー銭湯なんかでも、オヤジの背中にタマに見かけます。

 

 

先日地域の環境清掃に参加した。

溝掃除、木の剪定、雑草の毟り取り、などを一時間余りした。

そうしたら、翌日になって背中が張って肩がコリコリ。

 

数日後に通っている整骨院に行ったら、この手の疲労に効くとのことで吹玉を勧められた。

でも跡が残るでしょ、と聞くと1週間ほどで消える、との事。

身体への痕跡でちょっと迷ったが、この年でもうどうでもないだろうし、やったことが無い経験もイイかと思って吹玉をお願いした。

 

最初に記述したのは古典的な手法。

 

詳しく見ていなかったが今の整骨院でやるのは管の付いた口をつけるバキューム方式、だろう。

掃除機の吹口を10か所余り背中に付けるみたいな?

最初、肩近くを一二か所吸い上げ。

背中の肉が吸いあがるのが実感。

少し身体を動かすと肌が引き攣った様で痛い。

ちょっと痛いのでガマンできるかなぉ、と思っていたが、背中全体に吹口が行渡ると、背中を動かせられなくなって、反って痛みは無くなる。

十分ガマンできる程度。

ちょっとイタイイタイで10分。

施術後は気持ちよい。

 

帰宅して夕刻、風呂に入るときに背中を見たが、クッキリと赤黒丸の行列が背に在り、わかっていてもウエェとビックリ。

最初は跡も鮮やかで、変なプレイの痕跡みたい。

場所によって濃い薄いがあるのも面白い。

 

もう色々どうでもいいかと思える年齢だからやってみたけど、女性や少年青年の自己愛が強い時期の男にはキツイかもしれない。

まあ、言われていたとおりに1週間で跡はほぼ消えた。

 

張りや凝りの解消の効果は確かに在りました。

またやってみるかもしれません。

 

 

 

ψの悲劇 The Tragedy of ψ、森 博嗣

『 遺書ともとれる手紙を残し、八田洋久博士が失踪した。大学教授だった彼は、引退後も自宅で研究を続けていた。失踪から一年、博士と縁のある者たちが八田家へ集い、島田文子と名乗る女性が、書斎にあったコンピュータから「ψの悲劇」と題された奇妙な小説を発見する。

そしてその夜、死が屋敷を訪れた。失われた輪を繋ぐ、Gシリーズ後期三部作、第二幕 』

 

森博嗣の他シリーズへの橋渡しになるような巻。

島田嬢もかかる役割を果たすか。

興味深く最後まで楽しめたのだが、前作 χの悲劇 のことが気になったという変なかんじもあった。

 

前作はちょっとインパクトのある事で世評も高かった?が、

ただ、前作 χの悲劇 の図らずとしてか、島田嬢の孤独な生きざまの卓越さ・奔放さ・残酷さを描いた前作の人間の描きっぷりに、これに私は特に惹かれていた。

 

人間の軌跡を描く、などとは著者の特に期する所ではないだろうが、

本作を読んで前作について改めて思った次第。

 

ψの悲劇 The Tragedy of ψ (講談社ノベルス)

ψの悲劇 The Tragedy of ψ (講談社ノベルス)

 
χの悲劇 (講談社ノベルス)

χの悲劇 (講談社ノベルス)

 

 


ペペロンチーノ、パソコンkindle

ペペロンチーノに塩麴??
ペペに塩麴を入れると一味違う、らしいとレシピにあったので作ってみたが、一味違う。
別物めいた感じで、マイルドな和風味であるような。


翌日はノーマルでシンプルなペペロンチーノをつくってみた。
オリーブオイルと大蒜の、匂い立つような香りとオイリーさ、やはりこれこそがペペロンチーノであってオイルパスタでも和風ヌードルでもないもの。


そんなのが悪い訳では無いけど、私にはやはりシンプルイズベスト。

ペペロンチーノは、大蒜オリーブオイル唐辛子だけで熱熱のがいい。

パセリのみじん切りの代わりに、ミツバの微塵切りを彩りにした。

にんにくは剥き大蒜が便利。

直ぐに使わないのは冷凍保存している。

  

   

むきにんにく 1kg 大小込 青森県産
 

 

 


パソコン用のkindleは大画面ならコミックにさぞかし善かろう、そう思ってインストールだけはして置いたのだが、ずっと放置ソフト。
今回シドニアの騎士を此れで見てみると、ああやはり好い。


23インチスクリーンだと週刊誌よりやや大きい。

多分リアルの原画用紙サイズに近いだろうし、2頁使った横長の画も継ぎ目なく見れる。
絵力のあるコミックほど、これは価値あるソフトアプリだと、今更ながら思った訳です。


でもやはりあれ、パソコン画面の大きさは正義ですね。

  

  

 

 

明治天皇 (新潮文庫 全4冊) ドナルド キーン (著) 角地幸男 (訳)

4冊に渡る大冊なので、気になるところを参照程度、明治維新のパート辞書ていどになればいいかと思って4冊購入。

ずっと積読のままで放置していたのだが、ちょいと読み始めたら中々読み易い。 

明治天皇〈1〉 (新潮文庫)

明治天皇〈1〉 (新潮文庫)

 

 

単純なことだが、字が大きい。

最近の新潮文庫は厚くなって利潤を取ろうとしているのかと思いきや、字の大きさで膨らんでいたのか。

フォントがデカくて読み易いしサクサク進む。

その代わりに小文字の注釈が多々あるのだが読まなくとも差支えは無い。

でも、資料好きの嗜好があれば小文字をチマチマ読むのも楽しい。

 

それに加えて1章1章がコンパクトにまとまっていてボリュウムも同程度に収まっている。これは読むペースと予定が掴み易くなるので、長編ものになると有難い。

文章も論理的で切れがいい。 

明治天皇〈2〉 (新潮文庫)

明治天皇〈2〉 (新潮文庫)

 

 

明治維新は歴史的に大きすぎる枠組みなので、実際その全体像は掴みにくい。

維新の英雄達も短い光芒を残して消えていく。

 

でも明治天皇はそのただ中、その長い期間を空虚なるセンターに居続けた。

君臨し続けることが出来た。

変な言い方だが日本史受験の勉強している人にも随分参考になる本ではなかろうか。

これほど詳しいことから出題されることは少ないだろうが、少なくても在ることは在るだろう。

 

歴史小説なんかでも、宮中のことや徳川幕府システムそのもの( 最後の将軍や会津藩近辺の第2幕府でない旧態依然の本体 )は、これらは意外に盲点になっていて書かれることが少ない。

実際に広範な資料も少ない。

そういう意味での、維新歴史の全体像へのアプローチには、現在手に取りやすいものでは欠かせない一冊ではなかろうか。 

明治天皇〈3〉 (新潮文庫)

明治天皇〈3〉 (新潮文庫)

 

  

明治天皇〈4〉 (新潮文庫)

明治天皇〈4〉 (新潮文庫)

  

 


 

シューマンズバーブック、テアトル梅田にて鑑賞。

 Barが好きな人、もしくは余程映画が好きな人たちでも無ければ見ない映画だと思うが、面白かったです。

f:id:oidon00:20180513104045j:plain

 

『   世界中のバーでバイブルとなったレシピ本『シューマンズ バー ブック』の著者 チャールズ・シューマン の旅を追ったドキュメンタリー。

ミュンヘンで不動の人気を誇るトップバーのオーナーでもある彼が、もう一度バーの原点を求め、パリや東京などの名店を訪れる。 』

 

f:id:oidon00:20180513104115j:plain

伝説のバーテンダーシューマンが世界のバーを巡りバーを語る。

もっとクサイ映画かと予断あったが、barとはこうなんだ、カクテルとはこうだとか、でもそんなのでは無かった。

 

明確なポリシーはあるが、押し付けがましくなく聞き上手。

『 彼は話はちゃんと頭に入っている。聞き上手に見せない聞き上手なんだ。 』

とは部下バーテンダーの言葉。

 

孤独のグルメとか酒場放浪記吉田類とかのようではなく、淡々と上品に、ときにはスタイリッシュに画面は進む。

 

バーテンダーだけではなく、まともなカクテルレシピ全集を世界で初めて作成し、Barのプロデューサーでもあり後進を導く指導者でもある。

 

f:id:oidon00:20180111204355j:plain

それでいて、常に人の言葉に耳を傾ける姿勢を崩さない。

ハードシェイクで有名な日本人バーテンダーの言葉など、

『 14年前アメリカに行って各地のbarでカクテルを飲んで驚いた。

 みんなカクテルを美味くしようと考えていない。

 そして私は・・・・』

聞きようによっては随分失礼とも取られ兼ねないものだが、シューマンは表情を変えることも無く静かにグラスの中に心を集中させる。

 

様々なBar、バックカウンターに並ぶとりどりのボトル。

カウンターの上で魔法の様に、または機械作業のように、または宗教儀式のようにカクテルが創られる。

それはいつものような事であり、いつものように客はグラスを手に取る。

 

まあ、こんな映画もあるよということで、失礼しました。

 

タンカレー ロンドン ドライジン 47.3度 750ml

タンカレー ロンドン ドライジン 47.3度 750ml

 

   

 

 

サプリ、スクワレン。肌荒れ。

いろいろなサプリメントを試していた時期があった。


そのうちの一つがスクワレン、深海ザメの肝臓の油からのもので、血中の酸素輸送量を飛躍的に高める、みたいなかんじのもの。
その頃ジョギングを毎日していたので、スクワレン摂って体内血中酸素濃度を高めるとジョグにも効果がでるかなとか思っての事。


ジョグの効果は自覚できなかったが、しばらくすると肌がツルツルになって来たのは分かった。
顔も身体もお肌ツルツルである。


スクワレンでそれなりの効果があるのは分かったが、男の私にとっては特に必須とか嬉しい効果とかでもないので、しばらくして飲むのは止めた。

 

・・・・・

 

そこから大分と時間が経過して、10年以上過ぎていたかなぁ、手や指が荒れる様になって来た。
最初は夏の暑いうちだけだった。


どうしても荒れが酷くなると皮膚科へ行って塗り薬を貰って直した。


ずっとそんな感じだったのだが、この数年荒れが更に酷くなって、左指1・2本だったのが左右にも指4本にも荒れが拡がり、一見すると皮膚病のようにも火傷の跡の様にも見えるぐらいで、カユミも強くなって来た。

ニベアクリームを欠かさず摺り込んでおけば、日に3・4回ほど塗っておけば効果はあった。
しかし完治はしない。


また皮膚科に行こうかなと思っていた時、ふとスクワレンの事を思い出した。
Amazonとかのレビューを見ると、ニベアなどのスクワレン含有の塗り薬とともに、身体の中からもスクワレンを補給したら乾燥肌が直った、との声も一部は確かに在った。


普段サプリはファンケルで買うことが多い、以前のスクワレンもファンケルだったし値段も最安値に近い。


ただ、今回アマゾンで他の買い物もあって、送料カットで2000円以上にせんとあかんとかもあって、Amazonで探して買ってみた。

オリヒロ 深海鮫エキス粒。


飲み始めて1日経過で指の肌が落ち着いた感じになり、徐々に痒みも引いていき、今日摂取3日目で8割方直ったような自然な状態。
ニベアだけではこうはならなかった。


サプリの事だから人に合う合わないは有るけど、体感上確実に効果のある人はいるだろうと推測する次第です。 

 

オリヒロ 深海鮫エキス粒 180粒

オリヒロ 深海鮫エキス粒 180粒

 

 

 

ニベア クリーム 大缶 169g

ニベア クリーム 大缶 169g

 

 

 

 

「リズと青い鳥」 MOVIX京都にて

時間が出来たので京都まで見に行った。

f:id:oidon00:20180429165203j:plain

 

開始時刻から、新作の予告宣伝が長い。
15分は待たせ過ぎ。
10分で十分だし5分でよいくらい。
10分経過辺りから腹が立ってきたりした。

 

『 「映画 聲の形」が高い評価を受けた山田尚子監督が手がける、京都アニメーション制作の テレビアニメ「響け!ユーフォニアム」の完全新作劇場版。 』

 

とても繊細な映画。


冒頭と終番、打楽器をシンプルにまばらに使うだけなのに、こまやかな感情表現。
絵も雰囲気も繊細で細やかで穏やか、ユーフォであってユーフォでないようなかんじ。
デカリボンもちょっと小さい。


久美子は一段とだるそうだが登場場面はすくない。

テレビ版ユーフォの張りのある力強い展開と比べ出す頃、 テレビ版ユーフォと異なる均衡を破るのも高坂レイナ、というのも面白い。

圧倒的な演奏を見せてくれ、聞かせてくれるのは、はやはり嬉しい。

 

こういう繊細で深みのある映画、これはテレビでは出来難い作品です。
こんなのは興行的に入らないかもしれん、派手な映画に比較して。

しかしこの相当なまでの細やかさは、二度三度と見応えの有るものではないかと推測します。

 

映画館には若い中国人観光客も見に来ていた。
アニメリスニングなら日本語OK?

 

f:id:oidon00:20180425123227j:plain

映画見る前に、大戸屋で鰹丼と潮彩うどん。

鰹タップリ乗せてありました。
うどんの潮味も上品。

 

f:id:oidon00:20180429165455j:plain

映画見た後で、イノダコーヒ 三条支店。

f:id:oidon00:20180429165525j:plain


楕円形のカウンターが特徴的。
全景を撮ろうとするとお客様の顔がマトモに写るのでアンダーアングル?

f:id:oidon00:20180425155851j:plain

名物珈琲・アラビアの真珠、予め砂糖ミルク入りのもの。
飲み終わった後、コップの底にドロリとした砂糖の残滓があって、その甘みも珈琲の苦さで調合されたせいか美味。

 

 

その後でbarでハイボール3杯。

 

飲んだ後に、近鉄京都駅内の立ち食いそば屋で煮干しラーメン。

f:id:oidon00:20180429165702j:plain


ラーメンというより昔の中華そば。
500円。
やや物足りなかったので、自宅近くの駅前ファミマでお握り1個とお茶を補給。

 

 

 映画サイトのレビューよりこちら商品レビューの方が腑に落ちる。

 

ふだん外食あれこれ

かつや、のネギ塩カツ定食。
刻みネギわさっとしたのに塩だれを掛け、これをトンカツに合わせた。
ソースがなくともカツがサッパリ頂ける。
春らしい変化球メニュー。

f:id:oidon00:20180422090947j:plain

といっても、かつやで私的好物はカツカレー。
ココイチも近くにあってカレーはココイチが好いと思うけど、トンカツの厚さが倍ほど違うのでついついかつやで食べてしまう。
酸味の効いたカレールーも悪くないし。

 

 

f:id:oidon00:20180422091033j:plain

鰆の煮干しそば。
中華そば おしたに、のラーメンです。
煮干しラーメンは癖の強さが魅力であり好き嫌いの分かれるところだが、『鰆(さわら)の煮干し』でスープの強さも春らしいライトになって面白い味でした。
3月の写真。

f:id:oidon00:20180422091054j:plain

 

 

 き田けうどん。
大阪ミナミ、日本橋
一世を風靡した讃岐うどんによく見られる、うどん刺身風に決別して真逆の細うどん。
新老舗とも言える釜たけうどんを半年前に閉店して、変身を遂げて新店舗での大胆な挑戦。
f:id:oidon00:20180422091122j:plain

 

細うどんにはバラ肉も葱の甘さもよく合います。

f:id:oidon00:20180422091148j:plain

最近きになっているもの。

国際のETF VIX短期先物指数

http://www.morningstar.co.jp/StockInfo/info/snap/1552;jsessionid=8C567DFD46FFD627E1078BA0495F0DC1

 VIX指数(恐怖指数)、に沿うもの。

市場が不安・値下がりトレンドになると上昇する。

空売りとかオプションではなく、普通の株のように変えるところがミソ、らしい。

 

上場インデックス世界株式(MSCI ACWI)

http://www.morningstar.co.jp/FundData/SnapShot.do?fnc=2011030308

手数料の極めて低い良心的なindex。

 

 

Now Foods, メラトニン, 3 mg, 60 カプセル

https://jp.iherb.com/pr/Now-Foods-Melatonin-3-mg-60-Capsules/14810

 メラトニンって安いみたい。

薬事法の関係か、Amazonでは買えないみたい。

 

 

玄関ドア 網戸 シュード

http://www.lixil.co.jp/reform/patto/entrance_door.htm

夏に向けて・・・クーラー電気代の回した方が利口?

 

 

画像内の日本語テキストを抽出

https://nelog.jp/online-ocr

 

 

川端康成にまつわる話が面白すぎるので引用メモ

http://d.hatena.ne.jp/Ryo-ta/20060726/p1

  

 

永久交換保証 LIFE LONG ライフロング TS-1 GLEN CLYDE ソックス 靴下

https://amzn.to/2EMPpku

メイドインジャパン推しのファクトリエでも扱う。

https://factelier.com/products/men/underwear/socks/

 

 

トランスモバイリー(TRANS MOBILLY)  折りたたみ電動アシスト自転車

https://amzn.to/2qz0dh4

試乗してみたけど軽くてパワーもあって取扱いがとても良い。

スピード出すと安定しないのでcyclingには向かない。

 

1518! イチゴーイチハチ! 5  (相田 裕) 新刊買ってよんだ。

このコミックは実物書籍で買おうか、今までシリーズ本屋で買っているし、と思って新刊後しばらくして本屋へ数回足を運ぶが、置いていない。

イオンモールの大きな本屋にもない。

奈良の本屋には無いのか?

 

大阪に出てた時、なんばウォークの人通りの絶えない店では、『 うちでは扱っていないシリーズ 』ということで、

なんばシティ旭屋書店は、『 新刊後は短期間しか置いていない 』ということで無。

確か何巻かは旭屋で買ったような記憶があったが、そういう状況らしい。

ここに来てないとは困ったなと思ったがフト気付いて、とらのあなへ行った。

 

f:id:oidon00:20180408133752j:plain

 

結局、とらのあな日本橋にて購入。

店員は本の名前ですぐ反応した。

これなら奈良アニメイトならあったかもしれん?

たしかにガンスリほどは売れていないだろうが実績ある作家なのにコミック専門店?にしかないとは、書籍出版状況はコミックといえども厳しいよう。

f:id:oidon00:20180408133821j:plain

 

普通の充実。

お決まりの学園もの展開に見えてリアルも見据えたコミック。

例えばたまにサブキャラ的に大人がチラとでてくるが、きちんと大人らしいのが魅力。

 

総じて楽しくて微笑ましいコミック読後なんだけど、目に見えない堅実さに裏打ちされているような、そんな印象?推測?もあった。

ガンスリのような過酷な設定の物語は、過酷でもフワフワのんびりした雰囲気を最初纏うことが出来ても、時間が経ち巻を重ねるにつれ、登場人物達は必然的に『過酷』に収斂せざる負えなくなって来る。

 

だからこそ、この1518 では普通の少年少女の心の波風皺襞を描きたかった、のだろう。

どんな状況であろうとも人のいきる輝きはかわらないのだと、いいたいかのように。

 

1518! イチゴーイチハチ! 5 (ビッグコミックス)

1518! イチゴーイチハチ! 5 (ビッグコミックス)