読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oidon00のブログ

週一くらいなら記事を書ける?   https://twitter.com/oidonohama

王とサーカス  米澤穂信 新刊

駆け出し女性記者が転職の合間に訪れた山岳の王国ネパール。

 

安宿に泊まるのだが、そこから出会っていく人達が面白い。

会うごとに微妙に表情を変えてる物売りの少年。

大学をリタイアして世界を歩き回っているアメリカの青年。

宿常連の僧侶。

インド人のビジネスマン。

 

歩きまわる度に違う姿を見せていくネパールの街。

人の描写も等身大で、いかにもその場所にいそうな感じで、街歩きの世界が拡がっていく様子も合わさって、まるで自分がネパールに旅をしているかのような楽しい気持ちにもさせてくれる。

 

たまたま大きな政変に出くわし、国外脱出も困難な状況に陥る。

記者として政変を取材しようと試みるのだが、それが意外な展開に巻き込まれることに。

たいそう面白かったです。

一気に読めそうな充実ぶりですが、楽しみのために四五日かけてジックリ読みました。

物語の広がりも結末も納得の一冊です。

 

主人公が、さようなら妖精、のサブキャラの一人だけど、この作を読んで何故彼女を再登場させたのかが理解できた。

さようなら妖精の時は一学生だったけど、彼女は基本的に大人キャラなのだ。

そのために前作では図らずも、子供でも大人の立場を肩代わりすることになり、難しい役割を引き受けて仕舞うことになった。

 

そんな彼女であるから、大人になって異国の街の界隈で困難に陥っても危なげが無いし、性格のタフさにリアリズムがある。

 

本作は前作とは関係ないし、読まなくても面白さは変わらない。

ただ、キャラとの再会について、そんな感慨はあった。

 

王とサーカス

王とサーカス

 

 

 

さよなら妖精 (創元推理文庫)

さよなら妖精 (創元推理文庫)