読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oidon00のブログ

週一くらいなら記事を書ける?   https://twitter.com/oidonohama

読後、真実の10メートル手前  米澤穂信 著

 さようなら妖精、のサブキャラをメインに据えた短編集だが、独自の充実度と完成度は高い。

そこらにある下手な長編小説よりよほど読み応えがあった。

 

短編集の内容、といえば

 

マスコミ露出の多いITベンチャー会社の秘書、

列車の人身事故現場で携帯写真を撮り続ける女、

少年少女の心中事件、

老人の孤独死

夏の日に目撃された幼女殺し、

局地災害での孤立した老夫婦の救出。

 

そんな現在や、少し前にあった、ありそうな出来事に向かって、様々な形でアプローチしていく。

事件の形が見えてくる魅力、主人公の立ち位置から微妙に浮かび上がってくるキャラの魅力。

 

一見ありふれた事件だから、誰にでも書けそうなものに見えて、なかなかこんな風には書けるものではない。

 

表題作、真実の10メートル手前は、元々長編「王とサーカス」の前日譚というか一挿話としてあったものらしい。

ストーリーとしての完成度、長編とのバランスから、結果別個のそれぞれの作品として完成されたらしい。

もっともなるかな、でしょう。

 

中には、さようなら妖精、の事件に間接的に触れた作品もある。

 

この短編集は、古典的な探偵ミステリでもあり、社会派ミステリでもある。

だが、そんな従来のスタイルの囚われない、著者らしい作品集であって、もともと古典部シリーズの一作として書かれた「さようなら妖精」から生まれた大刀洗キャラの魅力は、今や紛れもなく著者を代表的するキャラになった。

 

真実の10メートル手前

真実の10メートル手前

 
王とサーカス

王とサーカス

 
さよなら妖精 (創元推理文庫)

さよなら妖精 (創元推理文庫)

 
満願

満願