読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oidon00のブログ

週一くらいなら記事を書ける?   https://twitter.com/oidonohama

人間ドック、拷問、出口障害、失礼します

数年ぶりに人間ドックに行った。

この数年、家族の看護なんかでバタバタで行く間がなかった。

で、久しぶりにインパクトを感じたのがバリウムによる胃の検査。

 

炭酸粒飲んで、水飲んでだったか?最後にバリウム溶液をグググッと飲み干す。

決してゲップしないでくださいと無茶な命令がある。

金属製の縦型ベットに乗り込み、ベットが横になる。

滑らないように両手は支え棒を持つ。

胃は絶えずレントゲン照射されるので、そのためにバリウムを拡散させる必要がある。

 

横になってください。

ベットで一回転してください。

右尻を上げて静止してください。

息を吸って止めてください。

息を吐いて止めてください。

ゲップを無理に止めた食道飽和の苦しい状態で次々と指令が下る。

 

ちょっとやっていたらゴム球の付いたアームが腹にやってくる。

バリウムを拡げます、とのことでアームが腹を押してグリグリかき回す。

鼻からゲップが出そうになる。

ほとんど拷問で、SМプレイに近い。

頭を下に下げますので落ちないようによく握ってください、と逆さ気味にされる。

体勢の入替、静止、回転、ベッドの稼働は尚も続く。

 

終了した後は下剤を渡され、たっぷり水を飲むように言われる。

バリウムが体内で固まってしまうので、早く出してしまうためのもの。

 

今回は終了後3時間くらいの間で3回トイレに行って、白っぽかったので、これで安心したのがマズかった。

下剤を飲んだから反応は早めにあってもおかしくない。

しかし、体内バリウムが数時間で全部排出されるわけがない。

通常食事でも24時間はかかるもの。

便意も止まったこともあり、酒を飲んだら腹も下し気味になるからイイだろと、晩、強い酒を飲み過ぎてしまった。

 

翌日午前、普通にしていたが、便意があるのに出口から出ない。

出口付近でバリウムが大きく固まっている事を知覚。

アルコールは脱水作用があるから悪く作用した。

30分近く苦闘。

じっとりと汗かいてトイレ退出。

以後二日ほど尻に穴が開いたようで、心もとなかった。

 

人間ドックのあと酒飲むなら、ビールを嗜み程度に飲むに留めるのが正解でしょう。

 

失礼いたしました。