読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oidon00のブログ

週一くらいなら記事を書ける?   https://twitter.com/oidonohama

劇場版アニメ 楽園追放 梅田ブルク7

f:id:oidon00:20141118194750j:plain

梅田ブルク7にて鑑賞。

この映画館に来るのは二度目だが少し迷ってしまった。やはりキタ地下鉄出口の地理は不案内。

途中で外人旅行者夫婦にヒルトンホテルへの路を聞かれた。これは地上に出て、ホテルを指差すことで案内できた。

 

f:id:oidon00:20141118194806j:plain

映画館、席四割程の入りか。

 

今現在のアニメを見たという充実感。

ヒロインは極めて魅力的。

手書き風の童顔、成熟した身体、初音ミク風ボディスーツ、殆ど履いてない尻、釘宮子供声。

これはアンバランス。

だけど見ているうちに、悪い癖に馴染むようにキャラから目を離せなくなる。

3Dの高速のメカニカル感、肉肌の身体感、地球の円弧を感じさせる空の軌跡

映画館音響をフルに発揮させる音楽。圧は強いが耳障りな角はない、といったところか。上手く言えないけど効果音もいい。

 

脚本は退屈させない。アニメだから幼稚でいいといった甘えもない。

人から電脳の流れではなくて、既に電脳化して進化した人類集団から現地調査と戦闘のために、電脳から化肉したリアル身体に潜る発想が斬新。

各場面、殆どはもっと見たいという余韻を残して終る。

再見して又楽しみたい人が多いのも納得の作品。

 

全然違うアニメだけど昔スカイガールというのがあったけど、今回の楽園追放見て日本アニメもここ迄来たかとの感慨もあり。

劇場版で無理して背伸びした面白さでなく、アニメの芯を外さない所に十二分に力を注いだ所が、大好感の映画でした。

 

f:id:oidon00:20141118194826j:plain

映画館を出てスタバにはいる。

映画感想のメモを書く。

酒を飲みに行く。

〆はカレー屋にいって、牡蠣のカレー。

口寂しかったので、立ち食いで天ぷらソバも食べてしまう。

満足して帰路につく。