読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oidon00のブログ

週一くらいなら記事を書ける?   https://twitter.com/oidonohama

居合

居合は強力な武芸らしいが、分かりにくい処もある。

何故抜刀した刀と鞘に入った刀が対峙して、鞘入りの方が勝てるのか?

刀を抜いて構える手間時間に遅れを取っている鞘入りの立場で何故勝てるのか?

この問とともに、居合と刀技と竹刀競技の違いを明確に説明し、読者を納得させてくれる。

 

 

要するに、剣撃のクロスカウンタを取るのが居合なのあって、最初から相撃ち覚悟のようなスタイルで、且つ鞘抜きの技術によって切り降ろし同等以上の剣速を出すので、居合を知っている相手なら迂闊に近付けない、という訳。

 

竹刀競技ではなく、撃ち合う数が全く少ない真剣だからこそ成立する武芸。

 

また、形式的な練習方法を採り入れたばかりにスピードを喪失してしまった現代居合道。この歴史的経過も解き明かす。

 

私たち武道素人読者には、その正しい姿を描いて蒙を啓き、道を尋ねる者には正しい道程を指し示してくれる実用書でもある。

現代には得がたい一冊。

 

著者は武道家の南郷継正氏の弟子にあたる。

武道居合學(綱要)―武道居合の復権 (現代社白鳳選書)田熊 叢雪

 

 

武道居合學(綱要)―武道居合の復権 (現代社白鳳選書)

武道居合學(綱要)―武道居合の復権 (現代社白鳳選書)