読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oidon00のブログ

週一くらいなら記事を書ける?   https://twitter.com/oidonohama

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ  新編 叛逆の物語

見終わって直ぐ、映画館の中がざわざわせずに、暫く沈黙に包まれていたのが、思い出すとこの映画らしい。

この微妙な感じ、違和感がこの映画だろうか。

途中までは、特大ヒットにしては・・・とか思いつつ、前半の総花的な皆全部見せます的な流れが、どうも好きになりきれなかったのだが、もちろんマミさんのムチムチした動きはじっくり見たいとか、気に入った点はあったのだが、面白いけど普通かなの印象だった。

前半で気に入ったのは、バイオリンと付合う友達の少女を救うのに、テーブルを囲んでケーキじゃないよとか数え歌の廻しあいの後に、少女の首だけがボンっと顕れて、生霊供養するの場面。

その無邪気な楽しさと首のグロテスク、この対比が中々よかった。

 

全部見終わってやっと気づくのだが、これは先の本編の裏返しの物語だと。

放送されたアニメとその劇場版では、物語は放下して拡散し光って消滅するのだが、ここでは執着して閉鎖し塗り潰してその色に沈殿する。

 

終盤の唇だけの笑みは、少女から女になったような、少女が性欲を覚えて自覚したような微笑で、とても素敵だった。

しかしその中に彼女の、地に足の着いた覚悟があるように感じ取れた。

ひどく感覚的なことだけど、そんな感じ。

取り方は人によって違うだろうけど、ほとんどの人が違和感を感じたことは事実だろう。それがアクセントになって、この映画を流布せしめたのは、やはり闇墜ちの魅力か。

 

印象に残るアニメでした。

続編は多分あるだろうけれども、続編が無い方が、物語の暗い輝きがつづくようで好きかもしれない。

 

 

鑑賞後は酒を3杯煽ったあと、〆にラーメン金久右衛門道頓堀で、なにわブラック。

濃厚なタレがこの頃好きなのだが、この店いつもスープの熱さが足りない、ぬるい。

美味なれど、ちと残念

 

 

f:id:oidon00:20131107195037j:plain