読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oidon00のブログ

週一くらいなら記事を書ける?   https://twitter.com/oidonohama

文庫本の、糊付けの背が割れて修理したり

古い文庫本が多数、偶然に手に入った。

 

読んでいたら結構面白くてホクホクしていたのだが、

ふとしたはずみに本を広げた時、糊付けの背がバリッと縦に割れてしまった。

 

古いから糊も乾燥しきっているだろうし、糊の劣化もあるのかもしれない。

そのまま読めないことも無いのだが、パラパラとページが外れて行きそうな予感もするので落着かない。

 

やったことは無いけど応急処置を考えてみた。

スティック糊とペーパーナイフを用意した。

文庫本ページの割れている所を開いて、糊の地色が紙の奥に見えているのを確認。

ペーパーナイフで糊を少量こそげとる。

取った糊で割れ目を埋めて行く。

充たすほどに糊で埋めてしまうと、本を閉じたときに糊が頁本文辺りに食み出しかねないので、その前辺りで止めるようにする。

 

一回のペーパーナイフで埋める量は些少なので何度も繰り返す。

手間な事である。

こんなことしなければいけないかと云うと、人の勝手な事で物好き作業である。

作業が終わったが、其の時点では結果は判らない。

本を閉じたまま1日寝かせて、乾くのを待つ。

今は暑いから一日で良いだろう。

 

翌日の夜、本を広げる。

割れ目は狭くなったが無くなった訳ではない。

しかし本を読んでいる途中に、頁が千切れて行く心配は無い、そんな具合には成っていた。

80点か75点の合格点でしょうか。

 

 物好きな話でした。